トップ »  診療科・センターのご紹介  »   »  脊椎・脊髄センター  »  脊椎・脊髄センターについて

脊椎・脊髄センターについて

小林病院整形外科の一部門として、脊椎、脊髄に原因がある手足のしびれ、痛みなどの診療を強化するため、脊椎脊髄センターを開設いたしました。
センター長として、畑山明広医師を迎え、従来の整形外科をさらに拡充し、地域医療に貢献いたします。

対象疾患は、頚椎症、頚髄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎変性すべり症、腰椎分離症、脊柱側弯症、脊髄腫瘍など、脊椎、脊髄疾患のすべてに対応が可能です。
またスポーツ事故などで見られる頚椎損傷にも診断・治療が可能となりました。

 

スタッフ

担当医師: 畑山明広、羽場等

 

管内初、脊柱そくわん症外来開設

2010年1月12日(火)より、脊椎・脊髄センターにおきまして、北海道大学整形外科 名誉教授の金田清志(かねだ きよし)医師の、脊柱側弯(せきちゅうそくわん)症 外来が始まりました。
オホーツク地方で最初の専門外来です。
金田医師は北大整形外科 で、30年以上にわたり脊柱そくわん症の診断と治療に関わってきました。

外来開始 時間は午前9時からで、終了は午後5時です。
腰痛、くびの痛みなどでお困りの方も 御相談ください。

※詳細は、小林病院整形外科外来(TEL:0157-23-5171 内線137)まで。

 

2015年手術実績(施設基準を必要とするもの)

 

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
椎弓形成手術(頚椎)           16
椎弓形成手術(胸椎)      1        1        
椎弓形成手術(腰椎) 10     48
椎間板摘出術(後方摘出術)  1    2           11
脊椎固定術(頚椎)                    
脊椎固定術(胸椎)                      
脊椎固定術(腰椎)     33
合計 13 14 20 11 11 10 16 115

 

このページの先頭へ

外来受診される方 入院患者さま・ご家族 お見舞いの方 検診を受けたい方

小林病院